配車アプリよりもLINE@ | Free Life 太郎と妻と愛犬と。時々仕事

配車アプリよりもLINE@

仕事

タクドラ全員ジャケットしわしわ

 

 

どうも太郎です

 

 

大手さんには配車アプリというものがありますね

 

ユーザーとしても使ったことが無いので何とも言えないのですが

 

 

ドライバーサイドからはブーイングの嵐だそうですね

 

 

どういったシステムで配車されるのかはわからないので何とも言えないのですが

 

 

LINE@の方がよくね????

 

 

と思っています

 

 

適度な便利アプリと適度な人の管理

 

これが今の世の中の限界値点だと私は思っています

 

 

 

さて、お仕事です

 

最近売り上げが芳しくありません

 

先日、苦しい中ミナミの八幡筋に入った時でした

 

人混みの中、50m先で手が上がりました

 

 

barの店主らしき人物がお客さんと思われる女性を支えて手を上げていました

 

 

近場だな

 

 

瞬時にそう判断しました

 

お客さんの女性が結構酔っていて、こちらには近付けないご様子

 

私の車が近付くのを待っていました

 

ですがキャッチさんや他の飲み客で道が塞がっており、なかなか近付けません

 

じわじわ時間をかけてその場所まで行こうとしていました

 

その間、barの店主らしき人はずっと私を見ながら手を上げ続けていました

 

一応私も軽く手を上げ応じ、回送表示にしました

 

 

そしてもうすぐだという時に初老のサラリーマン風の2人が近付いてきて私の車に乗り込もうとしてきたのです

 

 

深夜の初老2人は経由地ありの中距離以上率80%

 

 

悩みました

 

目先の売り上げか・・・・

 

もしくは長い将来ドライバーをやっていく上での最低限の常識か・・・

 

 

barの店主は真摯にずっと手を上げ待っている

 

 

深夜の初老2人は激熱・・・・

 

 

 

どうする太郎ぅぅぅぅぅ!!!!!

 

 

 

私は初老2人を通り過ぎbar店主の元へと行きました

 

 

 

店主
ありがとう!!!!すきやで!!!!!

 

 

意味不明な事を言われましたが満面の笑顔で感謝されました

 

 

見た目でお客さんを選んではいけません

 

 

そういう下卑た選別をしていると案外ハズレを引きます

 

 

きっと初老2名は近場のホテルだったでしょう

 

 

そう思う事にしました

 

 

真摯にタクドラ稼業を勤めよう

 

きっといい事があるはず

 

 

そして酔っ払った女性客が乗り込み口を開きました

 

 

お客さん
みなみほりえ~

 

 

 

世の中そう甘くはない

コメント