タクシーに求める事 | Free Life 太郎と妻と愛犬と。時々仕事

タクシーに求める事

ドライバー
太郎
奥殿~仕事行きたくないよ~

 

奥様
太郎ちゃん、聞いていい?

 

太郎
なに???

 

奥様
太郎ちゃんは今のお仕事に誇りを持てる?

 

 

どうも太郎です

 

普段面白おかしく同業者を揶揄して楽しんでいる私ですが、タクシードライバー皆さん1人1人に必ずプロ意識ってあると思っているんです

 

太郎
歯抜け!歯抜け!!!

 

こんな事をいつもバカみたいに連呼しているのですが

 

その対象の人にもきっと一本の軸みたいなもんってあると思っているんです

 

 

今日はそんなお話

 

 

 

何気なく流し営業をしていると空車タクシー、実車タクシー共によくすれ違います

 

いつだったかは忘れましたが

 

いつもの様な揶揄対象のドライバーさんが実車中だったんですよね

 

パッと見下品で、変な服着て立小便しそうな外見のドライバーさん

 

 

そのドライバーさんが明らかな愛想笑いで、大きな体を丸めながらお客さんと会話してたんです

 

勿論会話は聞こえませんし、雰囲気だけ見ての勝手な推測にはなるんですが

 

ああ、プロだな

 

と思ったんですよ

 

当たり前の事なんですよ

 

当たり前の事なんですが、たったそれだけの雰囲気でその人のタクドラ道を一瞬垣間見たような気がしたんです

 

太郎
普段ネット上でディスってごめんね

 

 

そう思いながらそのタクシーとはすれ違いました

 

 

 

私の愛読するブログ

 

とある大阪のタクシー乗務員

 

海苔さん?でいいのかな

 

彼に関しては、仕事に対する姿勢と取り組み方は尊敬に値します

 

私には到底真似できません

 

そしてこの方のブログからは学ぶ事が多々あります

 

 

【最底辺】

こちらの記事では

 

太郎
あれ?私の事言ってるのかな?

 

と解釈致しましたので、若輩者ながら応えさせて頂きたく思います

 

私のタクドラ道とは

 

お客さんに嫌な思いをせず降りてもらう事

 

ただこれだけです

 

 

ハッキリ言って我々タクシードライバーのSOUL利用する方の思いは比例しません

 

いや断言してはいけませんね

 

比例しないと思っています

 

完璧に車内清掃しようが

 

完璧に接客しようが

 

お客さんの心にはそれほど響いてないと思います

 

何故なら

 

貴方は13日前の昼御飯を覚えていますか?

 

2年前食べに行った美味しい店の具体的なメニューと味の違いは覚えていますか?

 

お客さん
うん、今のタクシーは素晴らしかった

 

そう思っても一か月後には記憶から消え去っている事でしょう

 

ではなぜ私は接客に対してだけ完璧を求めるのか

 

 

地位向上ですよ

 

乗り場先頭に女性が並ぶとタクシーが来ない
ネット上ではオラついているけど接客に関しては大阪で1番を目指している私です どうも太郎です 13日の金曜日!!! 皆さん売り上げが叩けたご様子 ...

 

 

過去記事でも書いたように、乗務員の地位向上は各々で変えていくんです

 

存在しているだけの意味のないタクシーセンターや

 

とりあえず車余ってるから誰でも入れとけや!の様な意識の低い会社に求めるのは諦めましょう

 

 

お客さんは乗務員運転手の違いなんて分かりません

 

私も分かりません(笑)

 

 

でも世間の目が「底辺職」ならそれを甘んじて受けながら仕事しなきゃならないのではないでしょうか

 

 

バスの運転手さんや電車の車掌さんは

 

乗務員
次は〇〇~。でも〇〇は酔っ払い客が多いので飛ばして△△へ行きますわ~

 

とは言いません

 

タクシー乗務員になる前、私は数々のドライバー&会社の事故係と揉めました

 

ドライバーはまだしも、会社からもふざけた対応を受けました

 

 

じゃあなんでやってるの?

 

Profileに詳細が書いてあるはずです

Profile
太郎 閲覧有難うございます 奥様 有難うございますっ タロスケ わんわん!(さんきゅー) ざびえ~る(仮) ...

 

金だけだろ?と言われるとそうなのかもしれません

 

正直何の技術も持たない中年が、1から何かを始める最初の一歩に最良の道と判断しました

 

そして、やはりその目算も間違ってはいませんでした

 

決して収入の多い職業だとは思っていません

 

予想だけで言うと、およそ年収600~700万

 

23~25勤務の10時間労働

 

これは業務内容と比較して薄給だと私は思っています

 

額面だけで言うと中小企業の課長~部長クラス

 

ぼちぼち流行っている個人店の居酒屋店主

 

新興系企業の一介のサラリーマンに満たない程度だと思っています

 

 

私はこの仕事に対して面白さ、楽しさは一切感じていません

 

出来る事なら即日辞めたい

 

仕事の幅の狭さ、やりがいに関しては工場にでも勤務しているような気分です

 

そういった意味も踏まえて、私はこの仕事に対して誇りなんて正直持ち合わせてはいません

 

社名ないしは個人名を表記し、同業者とリアルでの接点があればこんな事は私も書きません

 

太郎
タクシードライバーって楽しい!

 

太郎
皆仲間!同志で集まって情報交換しよう!

 

太郎
お客様!お客様!ご乗車頂きました!感謝感激あめあられ!!!!

 

とか言っている事でしょう

 

たしかに私のスタイルは、プライドを持ち日々向上心と研究心探求心を持って業務に勤しんでいる方からしたら快く思われない事でしょう

 

でも少し肩の力を抜いて考えて見て下さい

 

選ぶのはお客さんです

 

皆さんの熱いSOULや志、お客さんはどうでもいいんじゃないでしょうか

 

様々な考えの方がいると思います

 

ですがきっと一番は

 

どうでもいいから最短最安値で目的地まで行く

 

これだと思います

 

都会は日々が猛スピードで流れていきます

 

そんな方々からしたらタクシードライバーなんて所詮黒子なのではないでしょうか

 

 

 

 

キャバクラで例えてみましょう

 

①タクシーに乗って目的地へ行く

 

これをお気に入りの嬢の接客

 

②タクドラとの会話

 

これは黒服(ボーイ)に酒を一杯飲ませる

 

 

キャバクラ行くお客さんは黒服に興味があるのでしょうか

 

 

ですが

 

③タクドラの対応が悪かった

 

行ったキャバクラの黒服が何故か偉そうだった

 

 

このお客さんはこの店に行きたくねえなと思うはずです

 

④だがお気に入りの嬢がいるから行く

 

=嫌だけどタクシーを乗らなければならない

 

 

太郎
わかりにくいよ・・・

 

(笑)

 

分かりにくいかもしれませんが、このように変換してみるとまた違った考えが出てくるかもしれませんね

 

この人のタクシーしか乗りたくない

 

もしかしたらこんな人がいるかもしれませんが、ほとんどいないと言ってもいいでしょう

 

お客さん
この人でいっか。他ろくな奴いねーしな

 

これならいると思うんです

 

ほんとタクシーの中の人なんてその程度なのではないでしょうか

 

熱いSOULは大事です

 

プロ意識をもって業務を行う

 

素敵な事です

 

ですが、それを押し付けるような事をしないように気を付けなければなりませんね

 

私はまだまだ業界新人のぺーぺーです

 

若輩者が偉そうに語って申し訳ありません

 

私も主観な点は多々あります

 

自分自身を「底辺」と形容するのは

 

交通ルールは完璧なのか

車内清掃は完璧なのか

接客は完璧なのか

お客さんとトラブルはないのか

お客さんを強引に取るようなスタンスは取っていないか

 

こう聞かれると

 

堂々と「当然です」とは言えないからです

 

思う事を思うがままつらつらと書いてしまいましたので、支離滅裂な部分もあると思います

 

ま、そういう事です(どういう事???)

 

 

様々な発信者さんのブログを見るのはすごく好きです

 

楽しいですし、面白い

 

私がタクドラを続けるのはコレがあるからかもしれません(笑)

 

コメント

  1. みわちん より:

    あの記事、太郎さんのみを対象にしたわけでは無いと思いますよ。
    最後の「応援よろぴく」は私をさしてるだろうし、最底辺も勿論わたしも書いてる事ですね。他のドライバーさんも書いておられますけどね。

    私は「最底辺」の何が悪いの?ヒエラルヒーの頂点に立つことが良きとは思ってないので、この言葉に過剰に反応される方が不思議でしょうがないです。バカにされてる気分になるんでしょうか?

    言葉なんて単なる記号、自分の考え方次第でどうとでもなるのにな。
    過剰に反応されると「最底辺」と呼ばれる事に大きなコンプレックスでも抱えてるのかしら?と私は思いました。