自動運転タクシーは一体何年後に当たり前化されるのか | Free Life 太郎と妻と愛犬と。時々仕事

自動運転タクシーは一体何年後に当たり前化されるのか

ドライバー

どうも太郎です

 

今回は自動運転タクシーについて独断と偏見で語っていきたいと思います

 

自動運転タクシー乗ってみた 安全性○、乗り心地は
タクシー大手の日の丸交通(東京・文京)と自動運転技術のZMP(同)が組み、都内で自動運転タクシーの実証実験を始めた。一般客が料金を払って自動運転タクシーに乗るのは世界で初めての試み。本当に安全なのか

 

今年の8月28日

 

ついに日本でも自動運転タクシーの実証試験が始まりました

 

これが実現化されると、我々タクシードライバーは職を失います

 

私の勤務する会社でも、ベテランドライバー達が喫煙所で

 

 

タクドラ
タクドラ

ワシ等の仕事が無くなるのぅ・・・

タクドラB
タクドラB

これからどうやって生きていけばええんや・・・

 

などと嘆いている所を見かけます

 

太郎
太郎

可哀想だなぁ・・・

 

とは一切思いません

 

ですが

 

太郎
太郎

安心しろよおっさん。そんな日はまだまだ来ねーよ

 

と私は思っています

 

実際にタクシーは自動運転化し、我々タクシードライバーは職を失うのか

 

何度も言いますが、独断と偏見で考えてみました

 

スポンサーリンク

ポチっと押して頂けると励みになります!

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします!!

タクシーの自動運転化はいつ?

 

様々な場所で「いつ自動運転化されるか」という記事を見かけます

2020年代前半だという記事もあれば、2030年だという記事もあります

 

確実に言える事は

自動運転化は遅かれ早かれ必ず来るという事

その中でタクシーの自動運転化は一体いつになるのかという話です

 

私の中では当分来ないという結論に辿り着きました

 

先述の外部リンクにもありますが、8月27日に試運転があり思いの他スムーズだったという素晴らしい結果になっています

 

じゃあ結構早く自動運転化になるんじゃねぇの?

 

と思われるでしょうが、そんなに上手く事は進まないのではないかと私は思っています

 

スポンサーリンク

都会で自動運転化の課題は山積み

 

都心部などでタクシードライバーをしている方はわかると思いますが、タクシーの大半が自動運転化すると確実に

 

全ての道路が渋滞に見舞われる事が予想されます

 

タクシーの便利な所は

 

・タクシーに乗ろうと思った時、すぐそこにいる

・電車やバスに乗るより面倒ではない

・急いでいる時も対応してくれる

・とにかく体がしんどい時すぐに乗れる

 

挙げればまだあると思います

 

全てのタクシーが自動運転化すればどうなるでしょう

 

今すぐに乗りたい!

 

手を上げて自動運転のタクシーは止まるでしょうか?

止まりませんよね

 

気分悪い・・・早く帰りたい

 

恐らくアプリなどを通じて呼ぶ事になります

アプリで配車予約をして、すぐにタクシーは来るのでしょうか・・・

 

あー!新幹線に間に合わない!急がなければ!

 

呼ぶのに時間がかかり、乗るまでに時間がかかり

 

そして法定速度で走り、ゆったりとカーブを曲がります

 

良く言えばタクシーは臨機応変に対応してくれます

 

そして悪く言えば、タクシーなんてそんな時位しか乗らない物なのです

 

 

スポンサーリンク

大阪難波周辺で自動運転は可能なのか

 

大阪は一部の方に大阪民国と揶揄される程、民度の低い街です

 

大阪で日々業務をされているドライバーの方はわかると思いますが

 

歩行者は信号を守りません

 

点滅で走るなら可愛いモンです

点滅ではのんびり歩き、赤になってようやく小走り

 

難波付近では信号なんてあってないような物です

 

御堂筋や堺筋の深夜は酷いモンです

 

車がビュンビュン走ろうが、お構いなしで歩行者&自転車は渡ってきます

 

クラクションを鳴らそうものなら、こちら側を睨みつけてくる始末

 

中指を立ててくるバカ者も山の様にいます

 

果たしてそんな状況で自動運転化される日が近いと言えるのでしょうか

 

スポンサーリンク

まず是正すべき点が多すぎる

 

私は大阪の人間なので大阪で例えてしまいますが

 

東心斎橋や心斎橋筋、所謂繁華街の中の運転はどうするのでしょうか

 

自動運転化が実施されると、きっと繁華街の中は立ち入り禁止になる事でしょう

 

ですがミナミ周辺の自転車はそれはそれは酷いモノです

 

中国かタイにでもいる気分になるレベルです

 

自動運転化にするならば、まず繁華街近辺は自転車立ち入り禁止にするとか

 

そもそも自転車に乗る事自体に免許制度を作るなどしないと、事故が頻繁に起こるはずです

 

事故が起きた際、乗客はどうするのでしょうか

 

緊急停止処置を恐らくタクシー会社側がするまではわかります

 

わざわざ乗客がタクシー会社に連絡し、警察を呼び対処するのでしょうか

 

誰でも気軽に、面倒な手続きをせずに乗る事が出来るのがタクシーの利点です

 

色々考えなければならない点が多すぎて、タクシーが全て自動運転化されるには疑問しか残らないのです

 

しかし自動運転化されるとどうなるのでしょうか

 

全てが壊滅的になっていく未来が見えてきます

スポンサーリンク

中小企業は壊滅する

 

私は一介のドライバーですので経営状況は分かり兼ねますが、タクシー業界はかなり薄利だと思っています

 

賃率が約60%

 

売上が4万円あっても2万4千円はドライバーに取られます

 

残ったお金からガス代、車両整備費、内勤の人件費、システム代、クソほど高い車の税金その他諸々を支払わなければなりません

 

なので、どこの会社も会社にあるだけの台数を出庫させたいのは当たり前

 

サボり癖の付いたベテランドライバーや、稼がなくてもいい年金受給者などの嘱託ドライバーは売り上げも低いです

 

その点家族を養っている30代、40代前半のドライバーや企業イメージ的に若手を雇用したいのはどこの会社でも当たり前の事です

 

しかし現在の社会は人手不足です

 

タクシー業界も慢性的な人手不足となっています

 

しかし、街にはタクシーが溢れかえっています

 

需要と供給のバランスが明らかに取れていません

 

ですが会社には車が余っているから雇用したい

 

年寄りを全員排除して、若手で固めたい

 

そうなると更に1台当たりの売り上げは低下=若手が退職

 

エンドレスループです(笑)

 

もしそんな中、自動運転化する会社が出てきたらどうなる事でしょう

 

今既存であるタクシーを自動運転できる車に入れ替える事が出来るのは資金が潤沢な大手しか不可能になります

 

自動運転化されると・・・

 

大手は大幅なリストラを敢行する事でしょう

 

その人員は中小に集まる事になります

 

中小の会社は人を選別出来る事になるので、必然的に年齢の高いドライバーは淘汰されます

 

しかし自動運転化出来ている会社は人件費が不要なので、確実に利益を上げていきます

 

出庫台数は増え

 

高齢化社会でタクシー利用する人は減り

 

食えないタクシードライバーが増え

 

辞めていく

 

車を新しくできない会社の結末は・・・

 

大手に買収されます

 

少し話は脱線しましたが、もしタクシーが自動運転化されると全てのタクシードライバーは不必要となってしまうのです

 

スポンサーリンク

最後に

 

これは飽くまでもし自動運転化されたらという話で、私の考えで言うと

 

太郎
太郎

まだまだそんな時代は来ないと思うよー

って感じなのですが、私は常に最悪のケースを視野に入れて生きていく事を心掛けています

 

一介のタクシードライバーの考え通りに世の中なんて進みません

 

我々が思っている何百倍も世の中は猛スピードで進化しています

 

なので私が常日頃から言っている

 

太郎
太郎

タクシードライバーで終えるって考えは持たない方がいいよ

という事に繋がります

 

自動運転化は頓挫し

高齢化社会でタクシードライバーは減り

インバウンド客もこのまま好調で

タクシーが減車する

 

こうなると我々タクシードライバーは何も考えず、車を転がすだけで生きていけます

 

しかしそんなに世の中は甘くない

 

常に最悪のケースを考えて、アンテナを張り続け生きていきましょう(笑)

コメント